農業を愛する皆様へ 自然が大好きな子どもたちへ 私たちと一緒に日本の農業を盛り上げませんか。       サイトマップ     メール
Topページへ 棚田LOVER'sとは スタッフ紹介 活動の記録 今後の活動予定 参加者募集 お茶と野菜の販売
 
棚田LOVER'sスタッフ
 
 

棚田LOVER’s 
理事長 永菅裕一(ながすが ゆういち)

 美しい棚田を将来に

 「あと5年で、棚田がなくなってしまう!?」 という地域の方の生の声を聞き、 「美しい棚田を将来に
つなげたい!」と思い、 棚田LOVER’sの活動を始めました。

 棚田や課題を知ってほしい
棚田とは、山の斜面や谷間の傾斜地に 階段状に造られている水田のことで、 食料自給率が40%と
非常に低い中、過疎化・少子高齢化・労働力不足・赤字の経営・ 鳥獣被害等により放棄され、失われ
ている現状があります。

 感謝・愛の気持ちを大切に
この通信によって、一人でも多くの方に 感謝や愛の気持ちを伝えたいと思っています。
今後もより良い活動を目指し て努力していきます。ご支援・ご指導をよろしくお願いいたします


 

棚田LOVER’s 
応援隊 松尾龍哉(まつお たつや)

 自然に触れる大切さを
忙しい毎日の中で、自然に触れることで癒しの効果があります。 また、自分が世話した農産物が
収穫できたときの喜びはひとしおです。趣味のレベルでもいいので、 土いじりから始めてみませんか?

 安心・安全な作物を食べよう
市場ではよく売れるために、多くの作物が 農薬などの害虫対策の薬が使われています。
しかし、本当に体にいいのは、農薬を使わずに、 作った作物です。ベランダ栽培でも、プランターでも
いいので、自分の畑をつくって、そこで作物を栽培して、 安心しておいしく食べられる作物を作りましょう。

 農作業に参加して、 食べるまでの流れを知ろう
最近は温室栽培などで、一年中農作物が食べられます。 しかし本当はその季節に合った、旬の作物を
食べるのが いいのです。
お米ではまず田んぼを整える、田植え、草引き、 水の管理、収穫、その後も稲木干し、精米、そして
我々の口に入ります。
農家の方のがんばりや食のありがたさを再発見することができる棚田LOVER’sを、これからも
よろしくお願いします!


 

棚田LOVER’s 
メンバー うたの
棚田LOVER's会員 
農学修士取得後、教育・農業・接客業・事務など色んな職業経験を経て、
現在は主婦業をメインに、物書き、写真、絵描きなどをしています。
研究生活で学んだことを、自分の言葉でわかりやすく表現していきたいと思っています。
ライフワークのキーワードは、「実感」「手作り」「農」「つながり」。
自分の体で表現すること、作り出すことを大事にしています。
手間ひまをかけることが、自分にとっての「ふつう」。旅するように生きられたら。
(HP「うたわかぜ」 http://www13.plala.or.jp/utawakaze/ )

     
 

LOVER's日記 募集棚田応援団 棚田風景 リンク集 取材受付
   メンバーのブログです。    メンバー募集しています!   美しい棚田、里山の風景  お世話になっている皆様のHP 取材申込はこちらからどうぞ

定款  2009年度事業計画書  2008年事業報告書・収支報告書  2009年度収支計画書  役員及び構成員名簿 主な受賞歴 HP

棚田LOVER's事務局 〒679-2326 兵庫県神崎郡市川町谷915 Tel 080-1427-5377 理事長 永菅裕一
 
Copyright(C)2009 Tanada Lover’s All Rights Reserved